美容成分について知ろう! その1

美白効果のある成分が含まれていることが美白美容液に分類される条件です。

 

この美白成分については、ルシノール・コウジ酸・エラグ酸・ビタミンC誘導体・アルブチン・プラセンタエキスの6種類のことを表しています。

 

美白成分のはたらき

  • ビタミンC誘導体は、黒ずみをつくるメラニン色素を薄くさせる効果を備えています。
  • アルブチンというのは、洋梨やコケモモなどの果物に含まれており、化粧品の資生堂が開発したもので、優れた美白効果が確認されています。
  • プラセンタエキスは新陳代謝を早める働きがあり、肌のサイクルが整いやすくなります。
  • それから、メラニンの生成を抑制し、既にできたメラニンの排出を促す効用も見られます。

  • ルシノールとは、頬の部分にできる肝斑を治すために用いられる成分で、ポーラ化粧品が生成しました。
  • 大きな美白効果が望めるだけでなく、浸透力に優れているという特色があります。